セラピストちぃ蔵の待機室

ボディセラピストの初心者から独立開業、子育てしながらの自宅サロンの日常までお絵かき交えながらご紹介します。

このブログは、ちぃ蔵がセラピストなりたてから自宅サロン開業現在までの笑い話から経営ノウハウまで、幅広くセラピストちぃ蔵の日常をお絵かき交えてご紹介するブログです。

セラピストの方もそうでない方も出番や用事の時間までちぃ蔵の待機室でまったりお過ごしください。

毎週木曜日の22:00に更新予定です。
週一更新なので読み忘れを防ぎたい方は毎回記事の最後にある「ブログリーダーで読者登録をする」の青いバナーをクリックして下さいね。
更新通知が届きます♪

7-1

7-2

7-3

7-4



サロンの洗濯事情って案外お客様は敏感だったりします。

タオルの使い回しされてないかな?
肌触りがいいなぁ。
どこの柔軟剤かな?
もしかして…今治タオル?!


などなど。
口には出さなくても触感や嗅覚で感じるものだから、タオルだけで気に入られたり嫌がられたりもありますし、こだわりのあるお客様はサロンの選択基準に大きく影響します。
タオルは100均のものから高価なものまでピンキリですが、敏感な顔回りや素肌に触れる部分のタオルは特に肌触りが良いタオルを準備しておくことをオススメします。逆に言うと経費に余裕が無いサロンは、他の部分に使うタオルのグレードを落としてみて様子を見るということも出来ますね。質が低いタオルだとまめに糸のほつれがないかとか柔軟剤の量の調節などが必要ですが、安めのタオルをこまめに買い替えるということも出来るかもしれませんね。

漫画のように柔軟剤の話題を振ってくるお客様もいらっしゃいますしね。
柔軟剤を当てに来るお客様は稀かもしれませんが(笑)自分のサロンがどんな洗剤や柔軟剤を使っているかは知っておいた方がいいと思います。

というのも、タオルでかなりサロンの中の人の仕事ぶりが分かるんです。
洗剤や柔軟剤をケチっていてはタオルが正直にそういった状態(ゴワゴワだったり、洗いが甘かったり)になりますし、まだ使えるでしょ、と使いまわしていれば臭いや湿り具合などですぐ気づかれてしまいます。

あと洗濯後のタオルの畳み方や積み方なども結構見られてます。
畳み方がスタッフによって違っていれば、見た目に統一感がなくてバラバラ感がありますね。
積み方も左右ガタガタであれば、倒れそうなジェンガの如くグラグラで不安定に見えますよね。
これらは雑なスタッフがいるのかな?と思われる原因になります。
せっかくお客様好みの良い施術で、接客が良くてもモヤモヤを残してお客様を帰らせる事態になりかねません。

お客様の中にはマイハンドタオルやマイハンカチを顔に敷くため持ってくる方もいらっしゃいます。
それはただ単に自分の物の方が落ち着くという理由かもしれませんし、ここのタオルは信用ならない、と思われているのかもしれません。
その真偽はなかなか確かめられるものではありませんが、後者の理由に当てはまることがないように最善の努力が洗濯一つにも必要ではないでしょうか?

タオル一つで微妙なサロンと評価されるのはとてもつまらないことです。
たかがタオル、されどタオルと思い、もう一度サロン内のタオル洗濯からタオルワークまで見直してみるのはいかがでしょうか?






□■□■□■□■□安定の人気!ちぃ蔵のセラピストあるあるシリーズ□■□■□■□■□
セラピストの皆様、あるある、なしなし判定お願いします(^^)/


☆★☆★☆★☆★ちぃ蔵の人間不信シリーズ絶賛公開中!☆★☆★☆★☆★
セラピストちぃ蔵の闇に寄り添いたい方はご覧ください(^^♪




LINE通知バナー


セラピストランキング

6-1

6-2

6-3

6-4




数年務めるだけで色んなお客様との出会いがありますよね。
一見こわそ~なお兄さん、めちゃくちゃ優しくってええ人じゃないですか!となることもあればその逆も然り(笑)
一見大柄で身体も硬そうで、これは施術で体力がいりそうだなぁ、と思うような人が、めちゃくちゃ柔らかくて弱揉みだったり…
どんな人でも基本的なサービスは変わりませんが、接客の仕方はお客様の数だけあります。

因みに、ちぃ蔵がいつも心を持って行かれるのはイラストにもある通り、可愛らしいおばあちゃんです。
自分がおばあちゃん大好きだったからでしょうか?
お年寄りの謙虚さや気配りの細かさを目の当たりにすると、つい口から「もう無料でいいですよ」って言いたくなっちゃいます。
さすがにお仕事なのでそれは言いませんが、ボランティア精神が沸き起こってきます。

感謝の言葉をいつも添えてくれたり、お支払いを小銭で細かくピッタリだしてくれたり、仲の良いご主人との休みを楽しく話してくれたり…全部をゆっくり優しいしゃがれた声でやってくれます。
個人的に可愛くて仕方ありません。
最初から最後までしっかりサービスを全うしよう!って思えます。

今回ちぃ蔵が言いたいのは、可愛いおばあちゃん大好き♡ではなくて(大好きなんですが)接客する側のセラピストも人間で、やっぱり感謝を示してくれたり、最低限の礼儀をもっているお客様にはセラピストも嬉しくて最高のサービスをお届けしたくなりますよね、という話です。
漫画が下手くそでイラストからはそこは一切分かりませんが…
お代金を頂いたら皆さん等しくサービスくを受けられますが、そういった少しの違いで、最終受付の時間を数分過ぎていてもとってあげようかな。とか、ちょこっと優先的なご案内とかをしてあげたくなるんです。
業務外のことも出来る限りしてあげたい!笑顔も2割増しででお届けしたい♪と思えてきます。
逆に失礼な言動をとる人やサロンのルールを守らないような人には、接客も施術も事務的に終わらせて、出禁レベルかどうかの審議を脳内で始めます。

他のお客様と大きな差をつけてひいきなどはしませんが、心構えが変わってきますね。
だから自分が美容室などに行くときも、なるべくスタッフさんには気持ちよく仕事をこなしてもらえるよう最低限の礼儀をもっていきます。

6-a

去り際のおばあちゃんのポテポテ歩く背中に哀愁を感じ、ちょっとほろりとくることも…
いや、来週も来るんですけどね?
来週も元気に来店して下さい!

□■□■□■□■□安定の人気!ちぃ蔵のセラピストあるあるシリーズ□■□■□■□■□
セラピストの皆様、あるある、なしなし判定お願いします(^^)/


☆★☆★☆★☆★ちぃ蔵の人間不信シリーズ絶賛公開中!☆★☆★☆★☆★
セラピストちぃ蔵の闇に寄り添いたい方はご覧ください(^^♪



LINE通知バナー


セラピストランキング

4-1

4-2

4-3

4-4



大抵リラクゼーション店内は、白熱電球のような黄色っぽい穏やかな照明になっています。
(たまに蛍光灯のような白くて明るい照明のところもありますが。)
そして光の強さは弱く、薄暗さ満点?です。
お客様がリラックスするためなので、施術ルームはさらに照明を落として間接照明だけだったりもします。
暗さは、目から脳に届く刺激を和らげ、眠気とリラックスを誘う大切なリラクゼーションの演出です。
ですから、調光が出来る照明を設置しているお店も多いです。
4-a

調光は細かく分けられ、私が勤めていたところはいつも同じ光加減になるように、調光度にシールやペンなどで印がつけられていました。
調光度合はやはり目を少しずつ慣らすために入り口から奥になるにつれて暗くなっていくように調節していました。

ずっとそこで仕事をしているスタッフは勿論その光の量になれてしまいます。
夏のギラギラした晴れの日なんかは特に、室内と室外の光の差が激しいので、洗濯物や郵便物のため外に出るとき、びっくりするほど目が開けられません。
ま…眩しい!!(>_<)

眩しさからほんとにふらついたりすることもあり、要注意です。

因みに人は瞳孔が開いていると黒目がちになり、魅力度が増すそうです。
そんなところもお客様がセラピストに身をゆだねたくなる所以の一つかも?しれません(笑)

□■□■□■□■□安定の人気!ちぃ蔵のセラピストあるあるシリーズ□■□■□■□■□
セラピストの皆様、あるある、なしなし判定お願いします(^^)/


☆★☆★☆★☆★ちぃ蔵の人間不信シリーズ絶賛公開中!☆★☆★☆★☆★
セラピストちぃ蔵の闇に寄り添いたい方はご覧ください(^^♪


LINE通知バナー


セラピストランキング

↑このページのトップヘ