4-1

4-2

4-3

4-4



大抵リラクゼーション店内は、白熱電球のような黄色っぽい穏やかな照明になっています。
(たまに蛍光灯のような白くて明るい照明のところもありますが。)
そして光の強さは弱く、薄暗さ満点?です。
お客様がリラックスするためなので、施術ルームはさらに照明を落として間接照明だけだったりもします。
暗さは、目から脳に届く刺激を和らげ、眠気とリラックスを誘う大切なリラクゼーションの演出です。
ですから、調光が出来る照明を設置しているお店も多いです。
4-a

調光は細かく分けられ、私が勤めていたところはいつも同じ光加減になるように、調光度にシールやペンなどで印がつけられていました。
調光度合はやはり目を少しずつ慣らすために入り口から奥になるにつれて暗くなっていくように調節していました。

ずっとそこで仕事をしているスタッフは勿論その光の量になれてしまいます。
夏のギラギラした晴れの日なんかは特に、室内と室外の光の差が激しいので、洗濯物や郵便物のため外に出るとき、びっくりするほど目が開けられません。
ま…眩しい!!(>_<)

眩しさからほんとにふらついたりすることもあり、要注意です。

因みに人は瞳孔が開いていると黒目がちになり、魅力度が増すそうです。
そんなところもお客様がセラピストに身をゆだねたくなる所以の一つかも?しれません(笑)

□■□■□■□■□安定の人気!ちぃ蔵のセラピストあるあるシリーズ□■□■□■□■□
セラピストの皆様、あるある、なしなし判定お願いします(^^)/


☆★☆★☆★☆★ちぃ蔵の人間不信シリーズ絶賛公開中!☆★☆★☆★☆★
セラピストちぃ蔵の闇に寄り添いたい方はご覧ください(^^♪


LINE通知バナー


セラピストランキング
スポンサードリンク