28-1

28-2

28-3

28-4



堂々と遅刻するお客様いませんか?
というか遅刻魔レベルのお客様…

いつも時間通りに来てくれてたまに、どうしてもな理由があり遅れてしまう人は対象外です。
そういったことは誰にでもありますし、本当に仕方がないことも分かっていますから。

しかし、毎回遅れるお客様はどうでしょう。
たかが5分?10分?されど5分、10分です。
大体皆さん到着後に謝って頂けるんですが、大体次の来店時にも遅れてやってこられます。

今回は、こんなお客様たちへ向けてセラピストはどう思っているか、の本音を、前編後編合わせて語れればいいなと思います。

友達との待ち合わせなら、まだ我慢も出来るし、待っている間一人でブラブラするのも悪くないのですが、お仕事となったら話は別です。
一人のお客様が遅れてしまうと、後に入っている予約がどんどんとずれ込んでいったり、本来とれるべきお客様がとれなくなってお断りしてしまったりすることもあるんです。

セラピストだって貴重な休憩時間を潰されているかもしれませんし、一日に入れるお客様が一人減って、お給料も減り悲しい思いをしているかもしれません。

遅刻したお客様のコース時間を短くするのはペナルティーとして有効ですが、セラピストさえ急いで我慢すれば詰め詰めで入れる!と判断したら無理することもあります。
お客様の教育的には良くないことですが…
ですからお客様の言い訳はそこそこになるべく早く施術を開始していきます。

遅刻を厳しく取り締まるサロンでは施術時間を減らすだけではなく、ポイントを減らしたり、口で厳重注意したりもするようですね。
もしそれでそのお客様が来なくなっても、質の良いお客様だけが残ることになるのでお店のことやスタッフ全体のことを考えるととても良い対応だと思っています。

因みにちぃ蔵は気が弱い方なので、色々思うことがあっても口に出して伝えたことはまだありません。
お客様をなるべく刺激させすぎず、かつ遅れてはならないという肝心なところを誠実に伝えるというのは、口上技術がいりますね。
なのでちぃ蔵はあまりに遅れてくる方には取りあえず「次のお客様の予約時間が迫っていますので…」とコース時間の短縮で対応しています。
気づいて~!と祈りを込めながら…(笑)
しかも常連さんでよくお喋りする仲にまでいってしまっているお客様だと特に良いにくいですよね。
最善が分かっていながらも未だに出来ていないダメセラピストです…

時間は誰にでも平等で、誰にも巻き戻ってはきません。
時間の使い方は皆自由で、皆後悔しない時間の使い方をしたいと思っています。

注意なんかしなくても分かってくれる世の中になって欲しいですね。

次回はもっと深くセラピストの本音に触れていこうと思います。






セラピストランキング
スポンサードリンク