33-1

33-2

33-3

33-4




皆さん、初めて担当したお客様のこと覚えていますか?
ちぃ蔵は忘れもしません。出勤初日の午後のことでした。
午前中は他の先輩セラピストの仕事を見せてもらい、じゃあ、午後から入ってみようか。といった矢先に予約が入ったお客様です。

「まだ心の準備が~っ」とか「もう少し先輩たちの仕事を見せてもらってから~」とか、うだうだ言ってましたが、容赦なくちぃ蔵の予約枠に入れられました。

研修で習った通りでいい、先輩たちは口をそろえて言いましたが、超緊張しいのちぃ蔵はお客様がくる前からちょっとした鬱モードに…。
こうなったら、もう先輩たちのアドバイスもまともに頭には入ってこず、「緊張で吐きそうです」とか「どうしても行かなきゃダメですか」とかネガティブ発言を繰り返していました。

今思い返すと、いや、仕事しに来たんでしょ!金稼いで帰りなさいよ!と突っ込んでしばき倒したいところです。
甘ちゃんでわがままな新人を叱らずなだめて励ましてくれた先輩方には感謝です。

早速お客様が来店して下さったのですが、大柄な男性が来店されて気づいたことがひとつありました。
「あ、私男性施術の経験ない…」

そう、研修の先生も、同期の研修生たちも皆女性でした。
男性の先生で練習予定の日もあったのですが、予定が調整出来ずここまで本当に男性施術0。
それでまたさらにパニックになったちぃ蔵ですが、お客様を待たせるわけにはいかないので、接客を開始します。
まずカミカミのしどろもどろの説明をして、カチコチのままお部屋に案内します。
施術も研修は一体何だったのかと思うほど手技や順番が滅茶苦茶になり、一時間も施術があったのにその間に立て直すことも出来ず最後までパニックが続いていました。
逆に緊張が一時間以上続く私はおかしいのではと思いながらなんとか施術終了しました。
おまけに施術最後にアフタードリンクを選んで頂く段取りなんですが、すっかり忘れてそのまま退室してしまいました。

無駄な動きや抜けてる説明などで初心者丸出しだったちぃ蔵に、お客様は苦言などは一切無く最後まで寡黙でした。
でも、残念なことにちぃ蔵はそのサロンに一年半ほど在籍していましたが、その間一度もリピートはありませんでした。
それからずっとリベンジさせて欲しい、また来店して欲しいとちぃ蔵は願っていましたが、やはり一回のミスは次回に簡単に続くほど甘くないですね。
でも、そこまで緊張したのはその人だけで、その後は案外スムーズにお客様をこなしていくことができました。緊張を全て吸い取ってもらった感じです(^^;

初心者ちぃ蔵の苦すぎる初担当お客様体験談でした。

こうやって書いてみるとダメダメ過ぎて泣けてきますね。
今でもその時のお客様を思い返しながら、自分を鼓舞しています。
これから初現場のセラピスト様がいらっしゃったら、コレを読んで勇気出して下さいね。
こんなちぃ蔵でもセラピスト歴8年になれています。





セラピストランキング
スポンサードリンク