セラピストちぃ蔵の待機室

ボディセラピストの初心者から独立開業、子育てしながらの自宅サロンの日常までお絵かき交えながらご紹介します。

このブログは、ちぃ蔵がセラピストなりたてから自宅サロン開業現在までの笑い話から経営ノウハウまで、幅広くセラピストちぃ蔵の日常をお絵かき交えてご紹介するブログです。

セラピストの方もそうでない方も出番や用事の時間までちぃ蔵の待機室でまったりお過ごしください。

毎週木曜日の22:00に更新予定です。
週一更新なので読み忘れを防ぎたい方は毎回記事の最後にある「ブログリーダーで読者登録をする」の青いバナーをクリックして下さいね。
更新通知が届きます♪

タグ:セラピスト

43-1

43-2

43-3

43-4



今回もちぃ蔵のセラピスト初心者失敗体験談を成仏させるために1記事投稿します。
今までの失敗シリーズでちぃ蔵が極度の緊張性であることはご理解いただけていると思いますが、この時は初めての90分通し練習でした。
開始して、緊張と焦りから時間配分をごちゃごちゃと考えすぎて90分が分からなくなりました。
そんなことある?と今では思いますが、ちぃ蔵の失敗談は大体そんなことある?ばっかりです。

パニックのまま90分はあれよあれよと過ぎてしまいました。
それまでは、90分なんて長すぎてどこ揉めばいいのよ~と思ってましたが、考えごとが頭を埋め尽くすとあっさりと過ぎてしまうものなんですね。

そして、ちぃ蔵が施術を止められたのは100分過ぎたころのことでした。
なぜすぐ止めてくれなかったし(笑)
「何か考えがあるのかと思って…」と言われましたが、そこは90分という決められた時間の練習なんだから止めて下さいよ。
おかげで、やっぱり合ってるのかな?と勘違いする恥ずかしい思いをしてしまいました。

90分は時計の長い針が1周半です。
75分のときも少し迷いましたが、冷静に考えると小学生でも普通に分かることです。





セラピストランキング


42-1

42-2

42-3

42-4



研修の練習台になっていたら、けっこう眠っちゃいませんか?
セラピストだって人間なので疲れもありますし、揉まれたら気持ち良いので眠たくなっちゃいます。

でも、先生は眠らないで欲しいです。
いえ、眠っても構わないのですが、起きてたフリはしないで(笑)

この漫画は実際ちぃ蔵の研修の通しげいこの時にあったことです。
7番目の手技ってけっこう遡りますけど?ほぼ始めからになりますけど、オーケイ?
ってなりました(笑)

それは明らかに先生がいびきかいて眠ってたときの手技ですよ、理不尽な要求はやめて下さい!
とは言いたいけど勿論言えず。
周りで先生の居眠りを目撃していた他の研修生たちだけは分かってくれて、後で慰めてくれました。

でも、この経験とほぼ同じことを本番のお客様で経験するとはこの時思っていませんでした。
そうです。お客様も、眠っていて意識がないときにされた手技はとばされている、とかきちんとしてくれていない!と感じることがあるのです。
「ふくらはぎしてって言いましたけど、しました?」とか「ここあんまりしてくれてないですよね」といった言葉を頂戴することが…

お客様が眠っていると思って手抜きしていたスタッフに関しては知りませんが、まともにしているセラピストなら誰しもが「いや、しましたけど?!!」と叫びたくなるのではないでしょうか。

監視カメラで確認、ということも出来ないのでお客様はなんだか損をしたような気持ちをもってしまいます。
その気持ちのフォローのためにも、してくれていないと思われた箇所の詳細な説明を、仕上げのときや、施術後のアフタードリンクなどの時にしっかりしてあげるのは大切です。
右より左がこっていた、前回よりも筋肉が盛り上げっている、など簡単な一言でも、分かってくれている、やってくれたんだ。と印象を残すことが出来ます。

これは、セラピストもお客様も何一つ悪いことはありません。が、そのお客様のためにも、次回来店時には細かく話しかけるなどといった深く眠らせない努力が必要かもしれませんね。







セラピストランキング

41-1

41-2

41-3

41-4



当たります。
お客様の来店ペースを把握してきて、なんとなくそろそろかなと感じることもあれば、半年以上来店の無いお客様でも虫の知らせのような勘がビビッとくることがあります。

始めはすごい偶然に感動~!となっていましたが、セラピストやってると何度も経験してくるので、だんだん慣れてきます。

勿論当たらないこともありますが、そういう時は大体この勘当たるかも!と調子に乗っている時です(笑)
やはり、ふと感じた勘というものは当たりやすいものですね。
この当たり勘を誰かに凄いと言ってもらいたくて、ふと思ったら口に出して誰かに伝えようとおもっているんですが、ふと思うことってさら~っと思考が流れていって滅多に言えません。
当たってから、誰かに報告しとけばよかったー!と後悔します。
後から実はこのお客様来ると思ってたんですよー!と言っても、ふーんと言われるだけでしょうし…

他のセラピストの皆さんはどうでしょうか?
因みにきりんの介は、かなりお客様の来店当て勘が多い方です。
施術中この人のことずっと思ってたんよー、と施術中の電話をちぃ蔵がとったときによく言われます。
事後報告ですが、信じてます(笑)
虫の知らせや勘と言えども、お客様と繋がっているような気がして、悪い気はしないですよね。

勘と言えば、嬉しくないことが当たることもしばしばあります。
特にキャンセルのお電話です。
これは、事前に感じることよりも電話が鳴った瞬間にざわざわと感じます。
41-a







セラピストランキング

39-1

39-2

39-3

39-4



セラピストとして時間が経ってくると、手技も時間の配分の仕方も、こなれてきます。
悪く言うとワンパターンになりやすいです。良く言うと自分の流れが出来てきます。
特に、リピーターの常連様だと身体も知り尽くして、どこが好きか嫌いかもよく分かってくるので脳に余分な思考スペースが出てくるんです。

初心者の頃の、あのいっぱいいっぱいだったものが解消されたのはいいことですが、余裕が出来ると施術とは全く関係のないことまで考えてしまいます。
大抵施術時間は60分以上のことが殆どなので、まるまる他事を考えているということはありませんが、油断をするとつい思考が横道に反れてしまいます。

施術中セラピストが悶々と考え込んでしまうものとして多いのが、今後の将来のことではないでしょうか?
特に雇われて働いているセラピストは、自分自身の身体のこと、給料のこと、独立開業や転職のこと。が多いと思います。
セラピストという仕事は、長く続けていると指や腰を痛めたり、給料が安定しにくく将来性が不明瞭だったりで非常に離職率が高いのが特徴です。
若いセラピストが多い職場では居づらくなったという中堅のセラピストもいますね。

将来の選択肢は色々ありますが、結果的にこの仕事を長く続けていきたいと思えば、更なる高みを目指して学校へ入学、又は一念発起して独立開業。
若者は全く異色な職場への転職もありますが、今の経験を活かしつつ違う職場に、と思えば国家資格が必要な鍼灸や理学療法士などのお仕事への転職を考えるのが王道ではないでしょうか?

先ほど離職率が高いと書きましたが、離れていく先輩方の話を聞いていたら尚更自分も将来のことを意識してしまいやすいというのもあるかもしれませんね。
あと、セラピストという仕事はまだ世間的に下に見られることが多い(特に男性セラピストは)ので、国家資格や正社員、開業した個人事業主という肩書きを欲する人もいます。

ちぃ蔵はセラピスト歴が1年経過したころから色々考え出しました。
せっかく身に着けた手に職だったため手放したくはないと思っていたので、漠然と学生が「オサレなカフェやりた~い♡」くらいのノリで独立できたらいいよなぁ、くらいに思っていましたが、まさか結婚して旦那と一緒にサロンを開くとは思いませんでした。
その話もゆっくり今後していきたいと思っています。

あ、将来のことは暇なときに考えて、施術中はお客様に集中しましょうね♪





セラピストランキング

38-1

38-2

38-3

38-4



久々にちぃ蔵失敗シリーズです。
毎度お恥ずかしいお話ですが、笑って頂けると少し救われる気がします。
何の励みにもならないと思いますが(笑)

ちぃ蔵は日本人女性の平均身長より低めで、小柄なタイプです。
ですから、大きなお客様を担当する時は、パワーは自信があるので問題ないのですが、どうしても高さが合わなくて四苦八苦します。
うつ伏せの場合、背中部分や腰など、上からの圧をかけるとなるとかなり背伸びしなくてはなりません。(ちぃ蔵は基本的に横向きはやってないのでうつ伏せか仰向けです。)
よしんば背伸びで足りてもバランスが上手くとれず、プルプルして圧が上手く入らなかったり場所を見誤ってしまうこともあります。
低めのベッドを選べたらいいのですが、当時は全て同じサイズのベッドでした。
なので大きなお客様の担当となると少し二の足を踏んでしまいます。
これは、そんな悩みを持っていた初心者ちぃ蔵に起きた誤解による悲劇です。

ボソッと先輩スタッフにその気持ちを打ち明けたところ、「(ベッドの)上に乗ったらいいよ!」と言われました。
研修の時は一切そういうことは教えて貰わなかったので、目からうろこのグッドアドバイスでした。

でもちぃ蔵はその言葉の意味を大きく勘違いしてしまいました。
そう、「(お客様の)上に乗ったらいいよ!」と勘違いしてしまったのです。
今思い返してもそんなわけないのに何故そう変換して脳に入れたのか全く意味が分かりません。

その勘違いは解かれることのないまま、ちぃ蔵は(ちぃ蔵の思い込んだ通りの)アドバイスを実行することになったのです。

思いっきり乗りましたよ、お客様の上に。
ドスーーンという音がぴったりの乗りっぷりでした。
その時何を考えていたかは、残念ながら覚えてません。
お客様の反応は、、、苦しそうでした。
何故止めなかった、ちぃ蔵…。
ちぃ蔵セラピスト歴一番の謎と言っても過言ではないです。
優しいお客様は何も言わずに帰っていきました。

全て片づけて、早速意気揚々と先輩に報告とお礼をしました。

あれ?
皆固まってどうしたんですか?


38-a







セラピストランキング

↑このページのトップヘ