セラピストちぃ蔵の待機室

ボディセラピストの初心者から独立開業、子育てしながらの自宅サロンの日常までお絵かき交えながらご紹介します。

このブログは、ちぃ蔵がセラピストなりたてから自宅サロン開業現在までの笑い話から経営ノウハウまで、幅広くセラピストちぃ蔵の日常をお絵かき交えてご紹介するブログです。

セラピストの方もそうでない方も出番や用事の時間までちぃ蔵の待機室でまったりお過ごしください。

毎週木曜日の22:00に更新予定です。
週一更新なので読み忘れを防ぎたい方は毎回記事の最後にある「ブログリーダーで読者登録をする」の青いバナーをクリックして下さいね。
更新通知が届きます♪

タグ:セラピストの本音

29-1

29-2

29-3

29-4


前編 29.遅刻魔のお客様へ送るセラピストの本音 に続けてお送りします。後半です。



前回は毎回遅刻するお客様がいると、サロンやセラピストにはこういう影響があります、という本音のお話でした。
今回はもっと掘り下げて、遅刻したお客様がご来店したときの場面場面のセラピストの本音を語っていこうと思います。

一番セラピストの胸の内が修羅場になるのは、予約時間を過ぎ始めてからお客様来店までの時間です。
はやく来て!!という気持ちは勿論ですが、今お客様の予約が入ったら何時からご案内したらいいかな、とかその後の段取りをモヤモヤしながら頭の中で組み始めます。

やっとお客様ご来店!
その時に見ているのはお客様の反省度です。
急いで申し訳なさそうに入ってくるお客様、余裕しゃくしゃくと笑顔で入ってくるお客様。
まずこの時点でセラピストの胸が少し軽くなるか、さらに重くなるかが変わります。
あと、以外なことに遅刻が常習化すると謝らないお客様も出てきます。
慣れって怖いです。こうなったら、本当に前回の記事に書いたように厳重注意や厳しいペナルティが必要となってきます。

セラピストは接客なので遅れてきたお客様にも笑顔でお迎えしますが、心の中はずっと冷静にお客様を見ています。

そして大体のお客様は遅れた理由を話して下さいます。
残業で仕事が長引いてしまった、事故があって道が混んでいるから迂回した、などなど理由は様々ですが、それが嘘なのか本当なのか、セラピストは知る由もありません。でも真実味があるかどうかいつも見定めています。

ある日、あまりに予約時間が過ぎたお客様に電話したところ、「今向かってるところです~」と明らかな寝起き声で返答されたときはちょっと笑ってしまいました。
いやいや、今起きたんでしょ。もういっそのことホントのこと言って下さい。と(笑)

そう、言い訳が通用していると思っているお客様が案外多いんです。
そうではなくて、気づかぬフリや信じるフリをしているスタッフたちが多いことを知って欲しいんです。
流石に毎回同じ言い訳だったり、話の整合性に違和感を感じると、これは黒寄りかな。と判断してしまいます。
バレてると思ったら、なんだか身が引き締まりませんか?

毎回遅刻するお客様はサロンから敬遠されがちです。
もしかしたら、予約がいっぱいですから、と他のお客様優先でやんわりお断りされているかもしれません。
そんな悲しいことは誰にも経験してほしくありません。
今回は本音ということで赤裸々にセラピスト側の気持ちや対応を書かせて頂きましたが、このブログを見ている遅刻回数が多いお客様で、少しでもこれから気をつけようと思い、予約時間に間に合うよう努力して頂けたらとても嬉しいです。

予約時間内だとセラピスト側にも余裕がありますし、ゆったりくつろぐことができますよ!


29-a








セラピストランキング

28-1

28-2

28-3

28-4



堂々と遅刻するお客様いませんか?
というか遅刻魔レベルのお客様…

いつも時間通りに来てくれてたまに、どうしてもな理由があり遅れてしまう人は対象外です。
そういったことは誰にでもありますし、本当に仕方がないことも分かっていますから。

しかし、毎回遅れるお客様はどうでしょう。
たかが5分?10分?されど5分、10分です。
大体皆さん到着後に謝って頂けるんですが、大体次の来店時にも遅れてやってこられます。

今回は、こんなお客様たちへ向けてセラピストはどう思っているか、の本音を、前編後編合わせて語れればいいなと思います。

友達との待ち合わせなら、まだ我慢も出来るし、待っている間一人でブラブラするのも悪くないのですが、お仕事となったら話は別です。
一人のお客様が遅れてしまうと、後に入っている予約がどんどんとずれ込んでいったり、本来とれるべきお客様がとれなくなってお断りしてしまったりすることもあるんです。

セラピストだって貴重な休憩時間を潰されているかもしれませんし、一日に入れるお客様が一人減って、お給料も減り悲しい思いをしているかもしれません。

遅刻したお客様のコース時間を短くするのはペナルティーとして有効ですが、セラピストさえ急いで我慢すれば詰め詰めで入れる!と判断したら無理することもあります。
お客様の教育的には良くないことですが…
ですからお客様の言い訳はそこそこになるべく早く施術を開始していきます。

遅刻を厳しく取り締まるサロンでは施術時間を減らすだけではなく、ポイントを減らしたり、口で厳重注意したりもするようですね。
もしそれでそのお客様が来なくなっても、質の良いお客様だけが残ることになるのでお店のことやスタッフ全体のことを考えるととても良い対応だと思っています。

因みにちぃ蔵は気が弱い方なので、色々思うことがあっても口に出して伝えたことはまだありません。
お客様をなるべく刺激させすぎず、かつ遅れてはならないという肝心なところを誠実に伝えるというのは、口上技術がいりますね。
なのでちぃ蔵はあまりに遅れてくる方には取りあえず「次のお客様の予約時間が迫っていますので…」とコース時間の短縮で対応しています。
気づいて~!と祈りを込めながら…(笑)
しかも常連さんでよくお喋りする仲にまでいってしまっているお客様だと特に良いにくいですよね。
最善が分かっていながらも未だに出来ていないダメセラピストです…

時間は誰にでも平等で、誰にも巻き戻ってはきません。
時間の使い方は皆自由で、皆後悔しない時間の使い方をしたいと思っています。

注意なんかしなくても分かってくれる世の中になって欲しいですね。

次回はもっと深くセラピストの本音に触れていこうと思います。






セラピストランキング

↑このページのトップヘ