14-1

14-2

14-3

14-4




冷蔵庫を閉める音って案外お客様の施術部屋まで聞こえることがあります。
しかも、お客様も聞きなれてる音だから「あ、今冷蔵庫閉めたな」と、すぐ分かってしまいます。

当時、そこまで気にせず、何も考えていなかった私は自宅でやってる通りパターン!と閉めました。
すぐさま鬼の形相ででチーフが走ってきました。
なんで怒っているか当然サッパリ分からないちぃ蔵は激しく狼狽して、頭の中では検討違いな予想ばかりが巡っていました。

指摘されたのは予想外なことでしたが、なるほど納得でした。
確かにその時お客様が入っていた施術部屋は冷蔵庫から近いところでしたので、特に配慮するべきでした。
反省です…

お客様にリラックスして、日常を忘れてもらうことがコンセプトに入ったお店でしたので、「冷蔵庫を閉める音」という超日常は禁忌だったのです。
店によってコンセプトは色々ですが、冷蔵庫を普通に閉めていいか?と言われたら、どちらかというとどんなサロンでもなるべく静かに。が正解ですよね。

ちなみに後輩はお客様がいるときに裏で空のペットボトルを足で潰そうとしてて、大目玉をくらっていました(笑)あれけっこう大きな音が鳴りますよね。その勇気を称えたいくらいです。


日常に引き戻される音といえば、電子レンジの音もそうですね。
サロンの裏にはセラピストたちの食事のためによく常設してあるのではないでしょうか?
チンッ☆ピーッっという音も、お手伝いさんがいるようなお金持ちなお客様ならいざ知らず、普通のお客様はよく聞きなれた音でしょうから。
ちぃ蔵が以前使っていた電子レンジは音消しが出来たのでとても優秀で重宝しました。
ただ、音がないため出来上がりに気づかず、調理物を入れっぱなしのまま施術に入ってしまったこともありました。

そうそう、電子レンジといえば臭いも要注意ですよね。
温まったら当然臭いも際立ち、裏の待機室で防ぎきれない臭気は施術室まで溢れだすことがあります。
食べ終わった後でも臭いだけが残るので換気扇を回したり窓やドアを開けて換気に努めなければなりません。
お客様はやっぱりアロマの香り漂う空間でリラックスしたいと思っていますからね。

完璧にお客様がいないとき、お客様の予約がしばらく入っていないときに食事を摂れるのが一番良いのですが、なかなかそうタイミングも合わないのでなるべく臭いの少ない食事を選ぶのが得策ですね。

でも、カレーとかカップラーメンとか臭いムンムンのもの食べたくなる時があるんですよ…
食事でやる気を出すのも大事なので、どうしても臭いの強いものを食べてしまったときは、消臭グッズと換気を駆使するしかありません。
案外、服や髪にも臭いは吸着していることがあるのでお客様に入る前には全身チェックが必要ですね。


14-a






□■□■□■□■□安定の人気!ちぃ蔵のセラピストあるあるシリーズ□■□■□■□■□
セラピストの皆様、あるある、なしなし判定お願いします(^^)/


☆★☆★☆★☆★ちぃ蔵の人間不信シリーズ絶賛公開中!☆★☆★☆★☆★
セラピストちぃ蔵の闇に寄り添いたい方はご覧ください(^^♪




LINE通知バナー


セラピストランキング